So-net無料ブログ作成
検索選択

[10月08日] 女覚も味覚も一緒 [今日の日記]

[10月08日] 女覚も味覚も一緒

■蓮舫大臣皮肉ったが…片山さつき氏も過去に撮影
(読売新聞 - 10月08日 20:47)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1368230&media_id=20

ニュースを見ていたら片山議員が大臣を批判。そこへ記者が、「片山議員もやってますよね?」
最初しらばくれる。すぐに、「私は大臣ではないですから」だって。脳科学から心理が読めるよ。
折りしも10年前の911テロの関して、当時の外務官僚と田中大臣の確執について書いたばかりだ。

女性の感覚は味覚と同じだというのが標題の意味だ。これこそ我が脳理論の強烈な証拠なのだよ。
感覚は視床下部で生み出される信号だ。そこは中脳や扁桃体を含む間脳の領域だ。自律神経だ。
身体各部に張り巡らされた神経は情報を収集する末梢神経で間脳の支配下にある。ここで判断だ。

危険か安全か。目と耳と舌と鼻と皮膚に加えてトイレ関係の内臓からの情報を集めて判断する。
食欲や性欲さらに恐怖や闘争心の基となる感情はここで作られる。間脳が支配しているからだ。
間脳とその辺縁系は脳の中心部にあり上には大脳皮質と脳梁、すぐ後ろ下には小脳、下は延髄。

生命の新陳代謝を司る総司令部だ。小脳を制御しながら24時間不眠不休で働いている主役だ。
ここが最終判断をする最重要器官なのだが、これまで誰も知らなかった。潜在意識の主がここだ。
ここから交感と副交感神経で心臓の監視と制御を行う。自律神経系を制御している中心だ。

ここが大脳皮質という主記憶装置のメモリを脳梁バッファに呼び出して情報処理を行うのだ。
脳の中心部でこれを行っているとき外見からはそれが分からない。一瞬の間がそれを物語る。
冷徹な脳科学者の目はそれを見逃さない。こうして女性も男性も心理を読むことが出来る。

嘘発見器は手や肌の発汗作用を用いて自律神経の動揺を見抜く器械だがこれがその原理だ。
一般的に言うと女性の方が感情的だ。闘争能力において男性に劣る分、これで対等になれる。
今回はそれが裏目に出た。いや田中大臣の時も同じだ。感情は長期の判断力を弱めるのだ。

男女を問わずおだてるとすぐに舞い上がるのは虚栄心やプライドのなせる業だ。これが原因。
美貌を売りに票を集めたい女性心理を巧みに突くファッション雑誌の編集者。資本主義だもの。
こうして国会議員であってもそれを選ぶ国民と同様、幼稚なままだ。だから教育改革なのだ。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 1

prohitskh

何を偉そうに教育改革などとわめいているのか。人は誰でも楽をしたいのだ。関係ない。
勉強が嫌いで何が悪い。余計なお世話だ。  あ、また怒らせた!ごめん!


by prohitskh (2010-10-09 03:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。