So-net無料ブログ作成
検索選択

[10月12日] 検察はなぜここまで非科学的なのか [今日の日記]

[10月12日] 検察はなぜここまで非科学的なのか

前田被告担当の全事件検証へ
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1371488&media_id=2

一連の事件の推移を見ていると呆然とする。検察が最高検から地裁まで非科学的過ぎるのだ。
これは脳科学から見ると明らかである。だから大学院教授からの再教育が必要だ提案するのだ。
組織の威信を最も優先しなければならない検察。なにしろ法治国家の顔だ。市民の安全を守る。

そのために強大な権力が与えられている。それが無実の罪で重罪犯人に仕立て上げようとする。
それに誰も注意しない。注意などしたら出世ができなくなる。だから陰でひそひそ言うしかない。
何か落ち度があれば上司から大目玉だ。そのようなシーンは検察ものの番組でしょっ中見る。

そこには自己批判の習慣がない。それを禁止する風潮ばかりだ。なにごとも組織最優先なのだ。
ああ、鑑識がある。科学捜査班。化学反応やDNA鑑定、指紋や靴跡や車の破片などを調べる
そこが科学的証拠を発見すると強い。どんなに犯人が知能が高くても科学的証拠には敵わない。

しかし今回は命令系統が口頭でのやりとりばかりだ。証拠はFDだけだ。あとは風評が頼みだ。
やったやらないの水掛け論で有罪に出来ないことは常識だ。だから科学的証拠が強いのだから。
恐らくこれからこのような犯罪はまた起きるだろう。非科学的な反省を誰がするのかな。民主党?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。