So-net無料ブログ作成
検索選択
いじめ ブログトップ

[10月29日#2] また読売の記者に言うけど見てないね [いじめ]

[10月29日#2] また読売の記者に言うけど見てないね

■自殺の女児、作文で「きずつくこと言われた」
(読売新聞 - 10月29日 14:37)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1390063&media_id=20

社会派記者が書く記事にしては内容がない。読売にしては全く情けない。野球記事だけでいい。
この事件は小学校6年生の首吊り自殺という社会的に衝撃を与えた事件だ。その認識が甘い。
人事だ。単に冷静に報道すればいいのではない。これでは冷たいどころか非人間的だ。

父親に同情しているのか読者に同情を促すのか、何のための記事なのか。デスクはいないのか。
いじめがあるのはどうしようもないのだ。それを反対する記事ならいじめには反対だと書くのだ。
なぜいじめが出てくるのか分からなければ問題を提起して社会から答えを引き出す手を考える。

多分、米倉涼子のTVを観ただろう。あの中にヒントがある。威張って怒る上司だ。その中で一人。
これがいじめの本質だ。まだ分からない?クラスに名士の子どもがいる。必ず取り巻きがいる。
その子がツンとしているが担任はその子の親が名士だと知っている。この格差は大きい。

他の子どもは無難な方を選ぶ。この子の側に付くと自分はのけ者にされず安泰だ。付和雷同する。
同情?そんなものは余裕があったらしてやる。今は我が身の保身で頭が一杯なんだよう!
こうして大して悪気を感じなくても一旦いじめの相手が決まるとエスカレートして行く。快感だ。

亡くなった女児の気持ちをレポートすれば何か手掛かりが得られるかと思っているようだ。
クラスの同級生を糾弾するためか。担任の資質を暴くためか。学校の問題を引き出すのか。
この記事からはそれらのどの問題意識も感じ取れない。文章力の問題だけではない。
勉強不足だ。ああそうか。新聞記者ではないのか。ここで訓練するのか。だからいいのか。ん?


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
いじめ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。